学べる環境で才能を開花させましょう

制度を利用する

ワーキングホリデーの金額と傾向

ワーホリにかかる金額は滞在を希望する国や地域、予定している滞在期間などによって大きく変わります。費用をできるだけ抑えたい場合は、都市部ではなく田舎に住むようにしたり、シェアハウスを利用して家賃を節約するなどの方法があります。国によっては物価が高かったり、日本のように安い定食屋などがなく外食の料金はどこも高いのが一般的です。生活費を抑えるには自炊をするのが必須です。イギリスなどは人気ですが物価が高い傾向にあるので、ニュージーランドやアジア圏に行き先を設定する人も多くいます。ワーホリに行く時は夏休みや連休などの航空券が高い時期ではなく、ピークを過ぎた時期を選んだり、海外旅行保険のプランを安いものを選ぶことでもコストを下げることが出来ます。

ワーキングホリデーの歴史と変遷について

ワーホリは日本とオーストラリアの間で協定を結んだのを皮切りに、アジア圏やヨーロッパ圏、アメリカ圏でもワーホリ用のビザが申請できるようになっています。オーストラリアでは年間約8千人がワーホリ用のビザで渡航しており、その温暖な気候とアルバイト先の豊富さから人気の国になっています。休みの日には大自然を旅行できたり、条件を満たせば二度目のワーキングホリデービザを取得できます。オーストラリアとニュージーランドでは政府が指定したフルーツの収穫などの農業を行なうことで、ビザの延長が可能になるシステムがあり、多くの人がこのシステムを利用しています。仕事の情報は現地のフリーペーパーや語学学校などでも入手可能です。